ご意見・ご感想はTwitter @ff14towaまで

エオルゼアライフを楽しむコツ

闇属性

メンテでFF14ができない!!
うごごごごどうしたらいいんだ震えが止まらない…!!
早くしろおおおお間に合わなくなってもしらんぞおお!!!

といわんばかりにメンテを楽しんでいるみなさんこんばんは!とわchanです。

今日はエオルゼアライフを楽しむコツというテーマで書いていきます!

楽しむといっても楽しいと感じることは人それぞれなので(ここ重要)、すべての人に当てはまるとは限りませんが、参考程度に読んでいってください。

これはFF14に限った話ではないですが、MMOは色んな人とのコミュニケーションを楽しむゲームだと思っています。
他人とのコミュニケーションが必要なければオフゲーでいいでしょうし、MMOを始めた人であれば色んな人との出会い、コミュニケーションを求めて始めた人がほとんどではないでしょうか。

スポンサーリンク

野良と身内の違いを理解して、自分に合ったプレイスタイルを選ぶ

ここでいう野良は、CFでソロで単体で申請するとか、極・零式や地図、エウレカ等の募集にソロで乗り込むという意味です。

野良で出会う人は色んな人がいます。
野良で出会った人が気の合う人で、今でもずっと遊んでいるなんてこともあるでしょう。
それが野良にいくモチベーションになっている人もいますよね。
野良にはそんな新しい世界を見つける光がある一方、もちろん闇もあります。

例えば、規約違反に当たる暴言やハラスメントをしてくる人に遭遇すること。しかし実はそれはけっこうレアケース。

野良に対して不快な思いをする、という点で圧倒的に多いのは、自分のプレイスタイルを否定する発言や、自分が思っていることと違う行動をしてくる人にも遭遇するケースだとわいは思っています。

自分とプレイスタイルが違う人と遭遇するということ

自分が想定していた時間内にIDがクリアできない、無茶なまとめをするタンク、先釣りするDPS、火力が低いと文句をいうひと…
色んな人がいますよね。そんな案件が日々Twitterでも流れてきます。

ただそんなプレイも数あるプレイスタイルの中の一つを選択しているだけで、自分が多数派に所属してるだけのことなんですよね。もしかしたら環境によっては少数派かもしれません。

規約違反の行為を除いて、プレイスタイルが違うということは尊重しないといけないことなのかもしれません。

なので、わいは自分とプレイスタイルが違う人に野良で出会っても、その場で文句を言うことはありません。

アドバイスを求めてる人には言うこともあるかもしれませんが、あくまでも提案という形で言うようにしています。(それでも言った記憶がないくらいに言ってない)

「野良にはいろんな人が来る」これを理解しなくてはいけないと思います。
そういう人に出会う覚悟をもって野良を利用することを。

プレイスタイルが違う人に出会っても不快な思いにならないで、ということではありません。
野良はそういうと事があるっていう前提で、あくまで自己責任。
野良に絶望して引退する、という流れになってほしくないということです。

自分と「やりたいこと」が近いフレを探す

実はこれがけっこう難しい気がします。

これはカンスト後に始まる各種エンドコンテンツで自分が何をしたいかで決まってくると思います。

極・零式へ行きたければそういう人と仲良くなるでしょうし、ギャザクラやハウジングが好きならそういう人と仲良くなることでしょう。

カンストする前はメインクエやレベリングに追われてやりたいことがボヤけていますが、カンストしてヒマになったときが、自分の「やりたいこと」がわかるときだと思います。

エオルゼアライフを楽しむコツ

前置きが長くなってしまいましたが、ここまで読んでくれた方にはもう大体察しがついていることと思います。

エオルゼアライフを楽しむコツ、それは「やりたいこと」が近いフレをたくさん作ること!だとわいは思います。
全く同じである必要はありません。ただ、ベクトルが似てるフレを作ることが大事だと思っています。

わいはFF14を始める前は某MMOでPVPに明け暮れていました。
ハマった理由として、そのPVPには5~7チーム、総勢50~100人くらいが入り乱れる戦場の中で戦うゲームでチームプレイが必要不可欠、作戦を立てて、相手を翻弄して勝つ。もちろん負けることもありましたが、妨害部隊、攻撃部隊、蘇生回復部隊、それぞれが役割をもって役割を果たし、連携することで強さが高まるところに魅力があるゲームでした。

FF14のメインはPVEですが、極や零式はPVPと同じようにチームプレイを感じる場面が多々あります。
危ない場面で飛んでくる回復、ギミックを上手く処理できたときや倒したときの達成感、相手が違えども確かにそこにはチームプレイがありますね。

そんなチームプレイを一緒にしてくれる仲間というのはやはり一期一会では築きにくいもの。
なので、わいはそういうコンテンツは野良より身内と一緒にいきたい派です。

野良は、自分が何回野良にいって熟練度が上がろうとも、メンバーが磨かれていくことはありません。毎回PTガチャです。

その点、身内は熟練度が上がります。
最初はクリアできなかったコンテンツも、通ってるうちに必ずクリアできるようになります。

これは身内と野良の大きな違いで、わいは身内が一緒にできるようになるのであれば、自分のことより優先して動くことも多いです。

身内で何かを攻略したり、遊んだりできることが、FF14を楽しむコツなんじゃないかということで今回は締めさせていただきます。

それではみなさん、良いエオライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました